スギヤマ歯科クリニックのMI治療(最小の侵襲) スギヤマ歯科クリニックのMI治療(最小の侵襲)

スギヤマ歯科クリニックのMI治療(最小の侵襲)

患者様への負担に配慮した歯科治療

虫歯を簡単に削ったり、詰め物をしたり、さらには神経を取ったり、歯を抜いたり、またブリッジのために健全な前後の歯を削ったためその歯が悪くなるなどの悪循環を繰り返すことで、口内環境はどんどん悪化していきます。また、そのための通院時間や費用などが患者様への大きな負担となります。


そこでまず、当院では徹底的なカウンセリングや打ち合わせを行い「治療が怖い」「どんな治療をされるのか分らないので不安」といった患者様にも安心して治療に専念して頂けるよう、ご要望をしっかりとヒアリングし、治療方針や内容、費用などわかりやすく丁寧にご説明の上で実際の治療を進めてまいります。

治療のステップ

MI治療をご存知ですか?

MI(ミニマルインターべーション)とは、最小限の侵襲という意味です。
歯科治療において、歯を抜く、歯を削るという事はそれだけで患者様の心身負担を伴うものと考えております。
そこで当院では、患者様の歯を守るべく『最小限の侵襲』でおさえることを第一に考えた歯科治療を行っております。

  • 歯をなるべく削らない。
  • 歯をできるだけ抜かずに保存する。
  • 抜歯をせざるを得ない時も、できるだけ骨を守る。

そして一番は『患者様の大切な歯を末永く健康に保つ』というコンセプトでMI治療に力を注ぎます。

金属アレルギーの方でも安心なメタルフリー療法

当院ではメタルフリー(金属を使用しない)での修復治療を積極的に行なっています。
従来、虫歯の治療や差し歯・被せ物などについては様々な金属の使用がごく当たり前の治療方法ですが、当院では保険診療でも基本的には中程度までの虫歯治療では金属を使用せず、コンポジットレジンと呼ばれる素材(硬質のプラスティック樹脂に似た、白い素材)を使用した修復治療を行ないます。
尚、差し歯・被せ物をする場合、通常金属で土台を作りますが、これもグラスファイバー併用のコンポジットレジンコアにすることでメタルフリーを実現しています。

コンポジットレジンのメリット

身体負担が少ない

歯を削る量が少なくて済むので身体負担を掛けません。 また、治療期間が短い(通常1~2回程の通院)ので普段お忙しい方にも適しています。 コンポジットレジンは色が歯の色に近い為、金属に比べ治療後の仕上がりに不自然さがない(目立たない)ので、人目のストレスがありません。

金属アレルギーなどのデメリットがない

金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がありません。

自費CRコンセプト 「自分の歯を極力削らない!!!」

削らない」ため元通りになる、最小の削る量のため痛みが少なく(麻酔もほとんど必要ない)、型を取らずに即日終了します。

  • 保険診療の場合、古い考えの中の決め事、ルールがあるため健全歯でも削らざるを得ない場合があり、そして型を取るため大きく削らざるを得ない。
  • 大きく削るため、術後しみる、噛むと痛い等の可能性があり。

保険外CR、接着治療は「健全な自分の歯を極力削らないための費用」です。

銀歯等の金属が詰められた歯、黒くなった昔の詰め物を白い歯にしませんか?

銀歯等の金属が詰められた歯、黒くなった昔の詰め物を白い歯にしませんか?

 

コンポジットレジンで今ではこんな治療ができるんです。

コンセプトは『できるだけ自分の歯を削らない!』です。ご相談ください。

銀歯等の金属が詰められた歯、黒くなった昔の詰め物を白い歯にしませんか?

この程度の虫歯も保険で治療すると銀歯になり、型を採るために、虫歯以外の健康な歯を削らざる得ないケースが多々あります。 コンポジットレジンで治療をすると、保険外にはなりますが、虫歯の部分だけを最小の範囲で削り治療する事が可能です。


銀歯等の金属が詰められた歯、黒くなった昔の詰め物を白い歯にしませんか?

 

白い詰め物 オールセラミックスインレー

保険適用のCRでは補えない広範囲虫歯の修復で、金属以外で治したい時の選択肢です。ただし、即日完了いたしませんので型取りしてから7〜10日間の作製期間をいただきます。
範囲大きさにより費用が異なりますので、見積もりが提示いたします。

E-MAXインレー ¥40,000〜

歯根破折について

歯根破折:現在も行われている保険治療での「金属使用しての支台築造」においては歯よりも固い素材を使用するため発生する「歯根破折」が考えられます。
その場合全てのケースではありませんが保存できるケースにおいては『破折歯の再移植術』が可能です。(保険外治療:¥75,000~)

治療について

マイクロスコープによる治療

マイクロスコープ

成功率の高い歯科治療を行うため、肉眼の25倍もの倍率で治療を行えるマイクロスコープ(カールツアイス社製)を導入しております。 これにより、精密でより正確な歯科治療が可能です。

マイクロスコープによる治療のメリット

  • 4~25倍まで拡大して治療が行える。
  • 精度の良い治療ができ、歯の寿命を延ばすことができる。
  • 治療中の状況を鮮明な映像で確認することができる。
  • 抜歯しなければいけないと言われた歯が残せる可能性がある。
  • 非常に繊細な仕上がりが可能となる。 など

マイクロスコープを使用した治療後は、再発率が極端に低くなると報告されています。

歯科用CT

見えないところが一目瞭然。3D画像やスライス画像が正確な治療のガイドラインになります。

歯科用CT

CTとはコンピューターによる断層撮影検査です。CT検査は、歯だけでなくあごの骨の3次元情報(顎骨質や骨形態、神経の位置など)がデジタルデータで表示され、3D画像やスライス画像が正確な治療のガイドラインになります。 通常、歯科で使われるレントゲンが2次元撮影(平面)であるのに対して、CTは3次元撮影(立体)です。三次元の高画質画像を用いることで、より安全で正確なインプラント治療が可能です。
また、治りの悪い症例、2次元的ではわからない原因の解明、確定診断にとても有効で、いたずらに長く治療を繰り返すのではなく、その原因をスピーディーに究明し処置を行う事が可能です。

CT導入による、患者様へのメリット

  • CT撮影のための大規模病院受診の必要がなく、当院での一貫した治療が可能。
  • インプラント治療において、適確な治療計画の立案に貢献。治療期間短縮と手術の負担を軽減。
  • 撮影時間の短縮により、被爆線量の低減、治療費の軽減が可能。
  • 従来の2次元撮影レントゲンでは確認不可能な部位を鮮明に視覚化。

インプラント治療でのCT診断

CT診断画像

インプラント治療において、あごの骨に埋めるインプラントを立体的にとらえて治療計画を立てらることができます。
また、インプラントの数、長さ、太さをあらゆる方向から診断して正確に決定することができ、神経などを避けて安全な位置、方向、埋める深さを決められます。