ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

スギヤマ歯科クリニックのホワイトニング3つの強み

  1. 1.ホワイトニング前に自分にあった方法を相談できる
  2. 2.ホワイトニング不可箇所の治療も当院で出来る
  3. 3.ホワイトニング終了後継続的な白さを保つ為に、アフターケアも充実

ホワイトニングはこんな方にオススメです

ホワイトニング
  • もっと歯を白く、きれいにしたい方
  • 若々しい歯の色を取り戻したい方
  • 歯を削らないで歯を白くしたい方
  • 結婚式の予定がある方
  • 営業職や接客業の方

歯に色がつく理由

ホワイトニング

・コーヒー、お茶、タバコ等嗜好品による着色

色素が歯の内部まで取り込まれることにより歯が黄色く見えてしまいます。

・加齢による変色

年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。

これらの要因により歯が変色してしまった場合にはホワイトニングで改善しましょう。

歯のホワイトニングとは?

治療費の高いアメリカでは予防への意識が高く、歯科医院における予防処置は非常に重要と考えられています。そのため、アメリカでのホワイトニングは、治療ではなく「予防」に位置付けられています。
つまり、ホワイトニングの視点から分析すると『歯を白くしましょう』ではなく予防が出来ている人は『歯が白い』ということになります。

でも…ホワイトニングって…

ホワイトニングを行おうか迷っている患者様からよく聞くお悩み

  • 痛いんじゃないのかなぁ・・
  • 本当に白くなるの?なっているの?
  • 薬は安全?
  • 後戻りはある?
  • 価格は?期間はどのくらい?

ホワイトニングに不安のある方はスギヤマ歯科クリニックにご相談ください!

スギヤマ歯科クリニックでのホワイトニング

スギヤマ歯科クリニックのホワイトニングでは、最新の歯科用ホワイトニング材料を使用しています。厚生労働省認可の製品を使用し、国家資格を保有する歯科衛生士が患者様に施術いたします。

進化するスギヤマ歯科のホワイトニング

  • 1. 以前とは違う新材料を配合し痛みを軽減
  • 2. 健全な歯をほとんど傷めずに変化を実感
  • 3. ご希望に合わせた方法をご提案
  • 4. ご自宅でのホワイトニングも可能
  • 5. 厚生労働省認可済みの安心な材料
  • 6. 口腔内の消毒・殺菌にも効果を確認
  • 7. 長期の研究で結果の安全性は確認済
  • 8. メインテナンスで美しさを長期間維

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

ホームホームホワイトニング

ホームホームホワイトニング

歯科医院しか使えない薬剤 Tion

あなたの大切な「歯」。
きちんと医療としての相談ができる資格を持った歯科医院で施術することをおすすめいたします。

ホワイトニングQ&A

よくある質問をご紹介いたします。

Q.痛みはありますか?
Aホームホワイトニング、オフィスホワイトニングともに、一時的な知覚過敏(冷たいものが歯にしみる症状)が出ることがあります。
歯には細かい亀裂が入っていることがあり、この場合、知覚過敏が出やすい傾向があります。
個人差が大きく、全ての方に起こるわけではありません。
知覚過敏専用の歯磨剤などで十分コントロールすることができます。
Q.どのくらい白くなりますか?
Aおおよその予測は可能ですが、個人差が大きいので、「ここまで白くなります」と、お約束はできません。歯の質、大きさ、年齢、生活習慣などでホワイトニングの効果に違いがあるためです。どのくらいの白さを目指すかはスタッフに相談してください。
Q.ホワイトニングの安全性について
Aホワイトニングに使用する薬剤は過酸化水素や過酸化尿素(分解して過酸化水素になる)です。過酸化水素は口の中の消毒薬としても使用されています。米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しています。
過酸化水素は着色を分解する力があり、歯を溶かすわけではありません。
アメリカでは20年以上にもわたり2千万人以上がホワイトニングを受けましたが、問題は報告されていません。当院では、日本の厚生労働省が認可しているので安全です。スタッフも、実際に使用しています。
Q.後戻りがあった場合、初回と同じ時間と費用がかかるのですか?
A後戻り防止には、ホワイトニング専用の歯磨剤が有効です。後戻りが目立ってきた場合は、
タッチアップ(再度のホワイトニング)をお勧めします。ホームホワイトニングの場合、保管して いたマウスピースを使用して数日間ホワイトニングをするだけで、白さを取り戻すことができます。
Q.ホワイトニングの効果はどのくらい持続しますか?
A一般的に、3~5年は効果が持続しますし、元の歯の色に完全に戻ってしますことは決してありません。漂白効果がどのくらい続くかは、飲食、喫煙、歯磨きの仕方などによって個人差があります。
また、定期的に歯科医院でクリーニングなどのメンテナンスを受けることで、白さをキープできる期間を長くすることが可能です。
Q.詰め物や被せ物は白くなりますか?
A人工物は白くすることは出来ません。ホワイトニング終了後に色が目立つ場合は、詰め物や被せ物をやりかえる必要があります。
Q.虫歯がありますが、できますか?
Aあまり大きくない虫歯であれば、虫歯の部分に仮の詰め物をして行うことが出来ますので大丈夫です。ホワイトニングを行った後に、その色に合わせて被せ物や詰め物をしたほうが自然になります。ただし、痛みなどがある場合は、虫歯の治療をある程度進めてからとなります。
Q.ホワイトニングで期待通りの効果が得られなかった場合は?
Aホワイトニングは万全ではありません。重度の変色歯の場合、ホワイトニングの効果が少ない、あるいは得られないものもあります。その場合はラミネートベニア(薄いシェル状のセラミックを貼り付ける治療)などの方法がありますので、ご相談ください。

ホワイトニングで失敗しないために知っておいてほしいこと。

ホワイトニングでは改善されないケースや施術を受けられない方ををご紹介します。

【 白くならない 】

充填物やかぶせものはホワイト二ングをおこなっても白くなりません。

【 ホワイトニングが向いていない 】

歯の根が露出している場合や虫歯が放置してある場合はホワイトニングには向きません。

【 ホワイトニングの施術ができない人 】

無カタラーゼ症の方、妊娠中・授乳中の女性、小児はホワイトニングの施術を受けることができません。

ご自身の歯が適応か、
お気軽にスタッフにご相談ください。

ご自身の歯が適応か、お気軽にスタッフにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

053-458-1818

月・火・木・金 9:30〜19:00
土曜日 9:00〜14:00
【休診日】水曜日、日曜日、祝日
(祝日がある週は、水曜日は診察します。)